30代パートIさんの事例

結婚して3年目のできごとです、職業会社員の夫は残業も多く会議等で、週2回程帰りが遅い日がありました。

携帯も肌に離さず持ってるし不倫してる?と少し思っていて

Iさんは子供と家支える為に家事とパートへ行き、やりくりしてました。

 

Iさんが依頼した理由

夫は月4回程、付き合いの飲み会に行って、その日は必ずと言っていいほど帰宅しません。

Iさんには「付き合いだから朝まで帰れない」と毎度、言っていましたが

夫の同僚からふと聞いた所、

「クライアントさんも忙しいし、飲み会は1次会の食事会で終わり、みんな解散する」と聞いてしまったのです。

 

離婚と言っても証拠がないし、夫に浮気して無いと言われたら裁判で負けてしまうと思い

数日、どうしたものか悩みましたが、自分も30代なので子供の将来の事もあり、やっぱり思い切って離婚の為に、探偵事務所に相談したところ、1時間で約5600円(探偵1人)

見てもらうだけでも高いんだと思いました。

その時カンパニー総合調査探偵社に問い合わせたら

完全成功報酬との事だったので相談した所

裁判で勝つには証拠が必須だけど、それにはいくつか条件があると言われました。

  • 相手の家又は、ホテルに3回行ってる事
  • 家又は、ホテルに2時間以上滞在してる

その条件を満たしてる証拠でなければしっかり裁判に勝てる証拠ではないと

言われたので

夫が朝帰りする日に調査を依頼しました。

結果、夫は知らない女性と月3回ホテルに行ってたので

不倫として夫とは離婚しました。

 

旦那様が不倫していなかった場合、成功報酬なので金銭は掛かりません