• 落書き行為
  • 器物破損などの迷惑行為
  • 悪口を言われる行為
  • 嘘の風評を流す行為
  • 勝手に電話番号を使われてしまう行為
  • 嫌がらせやいじめによる精神的苦痛は大きな問題で、最悪のケースでは生命に関わることもあります。
    こちらでは、嫌がらせによる多くの相談を受けております。

    警察に被害届を提出しても事件を解決できません。
    
弁護士等では調査機関ではない。
    また警察では事件性がないと捜査をしない等ということもあり、警察に被害届を提出しても嫌がらせ行為の解決できません。
    嫌がらせを止めるには防犯意識を高めることも必要と考えております。
    証拠を得て被害を防止するには、調査専門の「探偵事務所」が必要なのです。

    実際どのような嫌がらせがあるのかを、嫌がらせを受けた被害者の調査をまとめました。

    事例1 嫌がらせ・ストーカー・集団ストカー被害

  • 待ち伏せ・つきまとい
  • 誰かに尾行されている
  • 誰かにつきまとわれている。又は誰かにつきまとわれてる
  • 通勤途中や外出先等で待ち伏せされている
  • 自宅や職場、学校等の付近で見張りをされていたり押し掛けて来る
  • 自宅や職場、学校等の付近をみだりにうろつかれている
  • 事例2 盗聴・盗撮 盗聴器を仕掛けられている気がする

  • 自分のプライベートな情報が盗まれている
  • 根も葉もない噂、悪評を近所や職場などで流されている(風評被害)
  • 事例3 いたずら電話・無言電話

  • 電話をかけてくるが、何も告げず何度も電話をしてくる(無言電話)
  • 携帯電話や会社、自宅に電話をかけてくる
  • 電子メール・SNS等で送信してくる
  • 事例4 郵便物・手紙

  • 身元不明の荷物や手紙などが送られてくる
  • 汚物や動物の死体など不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場等に送られてくる
  • 事例5 車やバイク、自転車などの嫌がらせ、いたずらによる被害

  • 傷をつけられた
  • 壊されていた
  • 
タイヤの空気を抜かれていた

  • 塗料をかけられていた

  • 食べ物など投げつけられていた

  • サドルやペダルなどなくなっている
  • カゴの中にゴミを捨てられる
  • 事例6 建物に嫌がらせ、いたずらによる被害

  • 玄関先にペットの糞が置かれている
  • 敷地内に生ごみを置かれる

  • 大量のタバコの吸い殻が捨ててある
  • 
届くはずの郵便物が届かない
  • ポストに落書きや異物をいれられたり、荒らされている
  • インターフォーンが壊されている
  • ドアノブが壊されている

  • 私共は、小さなことからとても悪質な嫌がらせまで、嫌がらでお悩みの方を早期解決に向けて相手を特定する調査をしております。
    被害にあったら、まずは警察や弁護士の専門家へ相談することが大切です。