最近はありまえになったとても便利な連絡手段のLINEアプリ。今や子供から大人、年配の方までほとんど世代に利用されています。 LINEでの浮気が発覚することが多くなっています。

ポケベルだったものが、一人一台の携帯電話になり、スマートフォンが普及した今、人との連絡が無料で便利に使えるサービスが登場しました。その中でもLINEは年々使いやすくなり、利用者人口も増えて連絡手段としては常識とでもいえるものになります。

電話番号だけ知っていればいつでもメッセージのやりとりが行なえますし、最近は電話番号は教えずにlineのIDのみでつながることができるので、よりカジュアルで罪悪感もなく双方がコミュニケーションをとることができるので、そのうち意気投合してデートなどに発展しやすいのも事実です。

今回はLINEを通じて旦那や奥さん恋人などの浮気疑いがある場合、今までの依頼者様の事例をふまえて、浮気の証拠をどう取得するかをお話し致します。

  • 今までそんなに利用頻度がなかったのに、最近夫や妻がLINEで一生懸命メッセージを送っている。
  • その辺に置いていたのに最近、夫や妻が携帯を肌身離さないでいる。
  • トイレに行くときもスマホを所持している

通知をOFFにしている。

この機能で通知をOFFにすると、浮気相手からLINEが入っても音が鳴らず、バイブも作動しません。画面にもポップアップの通知が出てこなくなります。
これは特定の浮気相手を選んで通知OFFにできます。

これで、気兼ねなく自分の自由な時間で浮気相手と連絡することが可能になります。浮気などをしてない、しない人は特に気にすることのない機能かもしれませんので、こんな機能があることを覚えておいて下さい。

名前の編集で浮気相手の名前を変える

これはトークルームから名前の編集をするだけなので、とても簡単で王道の証拠隠滅方法です。
自分の端末のみで浮気相手の名前を変わるだけなので、もちろんLINEがかかってきて名前表示を見てもわかりませんし、浮気している浮気相手にはわかりませんので、もし、夫や妻がいることを隠して浮気していた場合にも有効です。

交際相手の携帯で自分の名前がどのように表示されているかを確認してもいいかもしれませんね。